沿革

1973年1月 大和運輸株式会社(現・ヤマト運輸株式会社)のコンピュータ部門を分離し、資本金5千万円をもって東京都渋谷区にヤマトシステム開発株式会社を設立
1974年2月 貨物輸送に関するオンラインシステム(NEKOトータルシステム)を開始
1978年5月 自動車運送取扱事業の認可
1978年10月 資本金を8千万円に増資
1981年10月 資本金を1億円に増資
1981年10月 宅急便荷物問い合わせシステムを開始
1982年11月 郵政省届出第1号としてVAN事業を開始
1983年3月 代々木本社が安全対策実施事業所として認定
1984年9月 コンピュータセンターとして東京センターを開設
1984年10月 資本金を3億円に増資
1984年10月 通商産業省より「情報化促進貢献企業」として表彰
1985年6月 東京センターが安全対策実施事業所として認定
1985年11月 高速デジタル専用回線が東京・大阪間で開通
1986年7月 一般労働者派遣事業の許可
1987年5月 物流情報サービスを開始
1988年10月 「産直くん」「リピートくん」の販売開始
1988年12月 システムインテグレーター(SI)の認定
1989年3月 全国にパケット交換網を開通
1990年11月 資本金を18億円に増資
1992年11月 大阪センターを開設し東阪バックアップ体制完備
1993年6月 大阪センターが安全対策実施事業所として認定
1995年12月 倉庫業許可およびトランクルームの認定
1996年3月 特定システムオペレーション(SO)企業等の認定
1997年6月 物流部門でISO9002認証を取得
1998年1月 人材派遣会社ヤマトキャリアサービス株式会社(現・ヤマトWebソリューションズ株式会社)を設立
1999年5月 プライバシーマーク使用許諾
2002年8月 大阪センターでISMS認証を取得
2003年2月 システム部門でISO9001認証を取得
2003年4月 IDCとして新東京センターを開設
2003年4月 東京都江東区に本店を移転
2004年2月 新東京センターでISMS認証を取得
2004年3月 新東京ロジシスセンターを開設
2004年6月 コーポレートガバナンス強化のため執行役員制度を導入
2004年10月 古物商許可を取得
2005年5月 カンパニー制導入
2006年3月 「e-ネコセキュリティBOX」がモバイルコンピューティング推進コンソーシアム(MCPC)より「MCPC award 2006」奨励賞を受賞
2006年7月 クレジット決済業務にてPCIDSS認証を取得
2006年12月 サーバハウジング業務において「ISO20000」「ISO9001」を同時取得
2007年3月 営業収益500億円達成
2008年12月 新東京IDCサーバルーム増床
2009年3月 カードソリューションカンパニーでISMS認証取得
東京オンデマンドセンターを開設
2009年12月 PCライフサイクルセンター(東京)を開設
2010年6月 大阪オンデマンドセンターを開設
第2PCライフサイクルセンター(大阪)を開設
2011年4月 豊洲オフィス開設
2011年10月 Web明細サービス業務にてPCIDSS認証を取得
2012年1月 マルチ電子マネーサービス提供開始
2012年7月 「クロネコデータセンタークラウド(IaaS)」提供開始