サステナビリティ

SDGsとは

SDGs一覧.png

 

持続可能な開発目標(SDGs:Sustainable Development Goals)とは、2001年に策定されたミレニアム開発目標(MDGs)の後継として、2015年9月の国連サミットで加盟国の全会一致で採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」に記載された、2030年までに持続可能でよりよい世界を目指す国際目標です。

17のゴール・169のターゲットから構成され、地球上の「誰一人取り残さない(leave no one behind)」ことを誓っています。

SDGsは発展途上国のみならず、先進国自身が取り組むユニバーサル(普遍的)なものであり、日本としても積極的に取り組んでいます。

 

 

ヤマトグループの考え方

ヤマトグループのサステナブル関連の情報およびSDGsとの関連はこちらをご覧ください。

 

 

 

ヤマトシステム開発のSDGsへの取り組み

環境への取り組み

環境保全活動として、省エネ・再生可能エネルギーの利用拡大や廃棄物削減に向けた取り組みを行っています。

 

  • ・再生可能エネルギー由来電力の導入
  • ・電力消費抑制 など

 

詳しくはこちら

社会への取り組み

事業活動を通して豊かな社会を実現するために、多様な人材の尊重や社員が活躍できる職場環境の整備に努め、社会領域に関する施策や啓発活動に取り組んでいます。

 

  • ・障がい者雇用
  • ・定期的な寄付活動の実施 など

 

詳しくはこちら

ITサービスを通じたSDGsへの貢献

ITサービスを通じ、持続可能な社会の実現に貢献しています。

 

  • ・金融サービス利用促進支援
  • ・生産者の所得向上および地域社会活性化の
  • ・支援業務効率化によるワークライフバランス促進支援 など

 

詳しくはこちら