人物画像

INTERVIEW

INTERVIEW | システム開発

ニーズを的確に捉えたシステム開発で、
ヤマト運輸を利用する
お客さまの利便性向上に貢献。

Hanaoka

情報学部卒/2015年入社

CAREER STEP

1年目

ヤマトグループのシステム開発を担う企業の次世代グループと協力して、PP(ポータブル・ポス:ヤマト運輸のセールスドライバーが使用する端末)の開発に従事。

3年目

ヤマト運輸を利用する一般お客さま向けシステム開発をするチームに配属。クロネコメンバーズリニューアル案件、受取リニューアル案件、災害対応案件などを担当。

Q1

ヤマトシステム開発を
選んだ理由を
教えてください。

大学で情報学を専攻していたこともあり、就職志望先はIT業界一択で、中でも上流工程の企画から携われるユーザー系企業を探していました。ヤマトシステム開発に興味を持ったのは、コンビニでアルバイトをしていた時、毎日、ヤマト運輸と関わりがあって親しみがあったから。さらに説明会などで、教育の機会が多いと聞き、入社を決めました。また当時、経済の浮き沈みにダイレクトに影響を受けず、ヤマトシステム開発が安定成長を続けていることを知ったのも大きかったですね。実際、今回のコロナ禍においても業績好調で、改めて選んで正解だったなと思っています。
顔写真

Q2

入社後、仕事をどのように
覚えていきましたか?

ヤマト運輸のセールスドライバー(SD)が使用するPP(ポータブル・ポス)の開発を担当していた1〜2年目は、プロジェクトメンバーの一員として、主にプログラミングに携わりました。例えば、SDが使うルート検索の自動化もその一つです。その中で痛感したのは、なんといっても仕事としてのプログラミングの難しさでしたね。学生時代は「システムが動けば成功」という感じでしたが、実際の仕事となると動くのは当然で、お客さまがどんな操作をしてもちゃんと動くよう、考えて抜いてプログラミングを行わなければならないと気づいたのです。そのためには、SDの業務環境を熟知している必要もあるし、どんな想定外が起こり得るかといった想像力も働かせる必要があります。
また、学生時代はある程度は冗長なプログラムを書いても許されていたのですが、それでは時間が掛かってしまうので、業務の進捗に影響を及ぼしてしまいます。こうして入社後のファーストステップで実践的にプログラミングを学んだおかげで、その後、プロジェクトリーダーとして開発に取り組む際、プログラマーの人たちの大変さを理解しながら推進していくことができています。
顔写真

Q3

その後、
成長のきっかけになった
仕事は何ですか?

3年目に、ヤマト運輸を利用する一般お客さま向けシステムの開発を担うチームに配属。成長の転機が訪れたのは、10年に1度の大々的なクロネコメンバーズリニューアル案件に参画した時のことです。最初に担ったのはコールセンターで使う一機能の開発でした。一人でその機能をつくりきれたことで自信がつき、やがて開発フェーズが進むとサブプロジェクトリーダーに就任。チームの進捗管理やバグの潰し込みなど、責任の範囲が広がりました。元々やりたかった上流工程に近づいているのでうれしかったのですが、クロネコメンバーズに関わることが初めてで、当初は知らない機能もあったため、それをどれだけ理解してチームメンバーに伝えるかということにも苦労し、正直、辛かったです(苦笑)。しかし、社内50人規模のプロジェクトで、他部署も含めて関わる人が多い中、人脈が広がっていくごとに、チームのマネジメントがしやすくなっていきました。
1年間の開発期間を経て、無事にクロネコメンバーズリニューアルが完了。リニューアルの重要な達成目標だった会員の増加を果たすこともでき、また、5,000万人の会員のデータ分析を可能とする基盤もつくることができました。自分が手がけたものが世に出たうれしさを噛み締めつつ、自分の成長も実感。4年目にはプロジェクトリーダーになりました。
顔写真

Q4

プロジェクトリーダーの
仕事の醍醐味は何ですか?

多くのメンバーを束ね、影響力の大きい仕事に取り組んでいることですね。例えば、セキュリティ案件に携わった時のことはその好例です。ちょうど開発に取り掛かっていたところ、クロネコメンバーズの不正ログインが横行。元々11月にリリース予定だったのが、急遽、「8月までに」と大幅に前倒しとなり、メンバーも10人から、一気に50人に増員し、約1カ月間でリリースすることになりました。クロネコメンバーズで不具合が起こればすぐにニュースになり、ヤマト運輸の信頼に関わるため、その影響の大きさ、緊急度の高さは言うまでもありません。とても大変な業務になりましたが、いろいろな人に助けてもらいながら障害もなくリリースにこぎつけ、大きな自信になりました。
また、ITのプロとしてお客さまに提言することができるのも、プロジェクトリーダーの醍醐味です。例えば、ヤマト運輸の担当者の方と新たな開発案件について話をする際、「それでその課題は解決しますか?」「こうした方がいいのでは?」「それではお客さまにとって逆にわかりにくくなるのでは?」と、表面的な依頼内容から一段も二段も深く掘り下げます。そうすることでお客さまとの間で開発の意義・目的を共有化でき、最適な要件定義が実現。そしてメンバーにも開発の背景やゴールに向けての工程についてしっかり伝えることができます。メンバーたちが、今自分が何をつくっているのか明確にわかっていると、作業に向かうモチベーションも高まります。
今後の目標は、引き続き、ヤマトグループのシステム開発を手がけ、ゆくゆくは複数のプロジェクトを管理するプロジェクトマネージャーになることです。イレギュラーなことが起きた場合の判断力、人をまとめていくリーダーシップ……、まだまだ自分に足りない部分はたくさんあるので、今後もいろいろな経験を積み上げていかなければと肝に銘じています。

プライベート

休日はできるだけ外出するようにしています。コロナ前は海外旅行もしていたのですが、今は日帰り旅行ばかり。鎌倉銭洗弁天もその中の一つです。また、会社の登山部に入っていて、この間は奥多摩の山に登り、きれいな景色や空気を満喫しました。

写真

1日のスケジュール

09:30
自宅で業務開始(週3テレワーク)
メールチェック・ToDoリストの作成・打合せ準備等。
10:00
内部ミーティング
朝のミーティングにて案件の進捗確認・課題棚卸を行う。
11:00
お客さま打合せ
お客さま(主にヤマト運輸)との打ち合わせ。要件のヒアリングやプロジェクトの状況を報告。
12:00
自宅で昼食
13:00
ベンダーとの打合せ
ヤマトシステム開発以外のITベンダーと協力して開発を行っており、課題の棚卸をしている。
15:00
仕様書レビュー
後輩が作成した設計書のレビューを実施。
17:00
事務作業
課題管理ツールにて、案件の困りごとが一覧化されており、その中の自分のタスクを片付ける。
19:00
勤務終了
ジムで体を動かしてリフレッシュ。