メインビジュアル画像

私たちが動かす未来- 事業について -

ヤマトシステム開発が手掛けているのは、
物流システムだけではありません。
あらゆる業種のシステム開発に事業領域を広げ、
“未来のあり方そのもの”を動かし続けているのです。
ここでは、そんな私たちの事業の広がりと
身近な活用事例をご紹介します。

ヤマトシステム開発の事業領域

ヤマトグループ内外のさまざまな領域で
システム開発を担っています。
今後も領域をさらに拡大し、未来を動かし続けます。

  • 製造業
    製造業
  • 卸売業、小売業
    卸売業、小売業
  • 情報通信業
    情報通信業
  • 運輸業、郵便業
    運輸業、郵便業
  • 金融業、保険業
    金融業、保険業
  • 生活関連サービス業、娯楽業
    生活関連サービス業、娯楽業
  • サービス業
    サービス業
  • 農業、林業
    農業、林業
  • 建設業
    建設業
  • 不動産、物品賃貸業
    不動産、物品賃貸業
  • 学術研究、専門・技術サービス業
    学術研究、専門・技術サービス業
  • 宿泊業、飲食サービス業
    宿泊業、飲食サービス業
  • 医療、福祉
    医療、福祉
  • 地方自治体
    地方自治体
ヤマトグループ以外のシステム開発事例については
こちらをご覧ください。

NEKOシステム
開発の歴史

ヤマトシステム開発が担う
もっとも身近なシステムと言えば、
やはり、ヤマト運輸の宅急便を支える
「NEKOシステム」です。
ここでは、NEKOシステムがどのような進化を
遂げてきたのかを、簡単にご紹介します。

1974
第1次 NEKOシステム
既存の路線・通運事業の運賃計算用オンラインシステムとして誕生し、拠点での専門入力に使用。「ラベラー」で貼ったシールで件数・入金の管理をしていましたが、宅急便の取扱個数が年間1,000万個を超えた頃には作業量が膨大になり、コンピュータ開発が急がれました。
■ ラベラーは1978年頃
■ ラベラーは1978年頃
ラベラーの写真
1980
第2次 NEKOシステム
宅急便のシステムを構築し、ペン型バーコードリーダー付きの専用端末機「NEKO-POS」を開発。送付情報、異常報告などが読み取れるようになり、作業効率が向上。日本全国の宅急便オンライン情報網が完成しました。
NEKO-POS」を開発
NEKO-POS」を開発
NEKO-POSの写真
1985
第3次 NEKOシステム
携帯端末「ポータブルポス(PP)」を開発。全セールスドライバーが持ち、訪問先で情報を入力できるようになったことで、「NEKO-POS」の入力作業時間の短縮と入力漏れなどが防げるようになりました。
■ 携帯端末「ポータブルポス(PP)」を開発
■ 携帯端末「ポータブルポス(PP)」を開発
ポータブルポス(PP)の写真
1993
第4次 NEKOシステム
コンピュータに不慣れなセールスドライバーでも簡単に使えるように改良され、タッチパネル式に。訪問先で領収書発行が可能になったほか、セールスドライバー、取扱店、お客さま用の3種類のICカードを導入し、軒先で完結できる業務が増えました。
■ タッチパネル、3種類のICカードを導入
■ タッチパネル、3種類のICカードを導入
タッチパネル、ICカードの写真
1999
第5次 NEKOシステム
シールを出力するプリンタとポータブルポス(PP)が別端末となり小型化。バーコードをレーザーで瞬時に読み取れるようになり、業務効率がアップしました。
■バーコードを瞬時に読み取る「ポータブルポス(PP)」
■シールを出力するプリンタ
■バーコードを瞬時に読み取る「ポータブルポス(PP)」
■シールを出力するプリンタ
ポータブルポス(PP)、シールを出力するプリンタの写真
2005
第6次 NEKOシステム
「お客さまの生活を便利にすること」を目的に開発。携帯電話を利用したデータ自動アップロードにより、リアルタイムの配達情報確認が可能に。またクレジットカード決済も可能になりました。
携帯電話によるリアルタイムの配達情報確認

■ クレジットカード決済
携帯電話によるリアルタイムの配達情報確認

■ クレジットカード決済
端末の写真
2010
第7次 NEKOシステム
配送情報がデジタル化され「クロネコメンバーズ」のサービスと連動。電子マネー決済(フェリカ技術)も可能になりました。
■ 配送情報がデジタル化
■ 電子マネー決済
■ 配送情報がデジタル化
■ 電子マネー決済
端末の写真
2017
第8次 NEKOシステム
タブレット端末を導入。電子住宅地図や集配状況・集配ルートを可視化できるようになりました。通信のリアルタイム化により、集配依頼データの即時配信が可能になりました。
■ タブレット端末を導入
■ 集配依頼データの即時配信
■ タブレット端末を導入
■ 集配依頼データの即時配信
端末の写真