メインビジュアル画像

未来を動かす人- 社員が語る未来 -

ヤマトシステム開発で働く社員たちは、どのような想いで入社し、どのような未来を動かそうとしているのか。
多様なバックグラウンドを持つ社員たちに、自身の、技術の、そしてヤマトシステム開発の未来について語ってもらいました。

グラデーション背景顔写真顔写真顔写真顔写真顔写真顔写真 日本が抱える課題に幅広く貢献していきたい。 仕様変更や短納期に対応する新たな開発手法の確立を目指す。 現場を知る自分ならではのシステム開発・導入を提案したい。 24時間・365日止まることのないあたりまえに利用できるシステムを実現。 最先端技術を社会に活かすプラットフォームの提供を目指す。 お客さまの“全体最適”を実現する新たな価値・サービスを創造する。
システム開発
アシスタントマネージャー
Fukushima
経済学部卒/2014年入社
システム運用
チーフ
Kato
情報通信学部卒/2015年入社
システム開発
アシスタントマネージャー
Xiaochen
商学部卒/2015年入社
インフラ運用
チーフ
Koyatsu
工学系研究科修了/2015年入社
マーケティング
チーフ
Kitada
文学部卒/2015年入社

私は学生時代に盲導犬の育成・普及に関する活動を行っていて、ヤマトシステム開発でも「ほじょ犬支援」の取り組みを行っていたことが、興味を持つきっかけになりました。事業においても、生活に身近なシステムの提供を通して、社会に新しい価値を提供できる貢献性の高いものだと感じて、入社を決めました。
現在は新市場の開拓を担当。特に塾や大学といった教育機関や自治体への営業活動をメインに行っています。既存の物流システムだけではなく、広く世の中に貢献していきたい私にとっては、とてもやりがいを感じられる仕事です。ヤマトシステム開発にはヤマトグループとして培ってきた物流に関するノウハウと高い技術力があり、それを掛け合わせて、企業の課題に広く貢献できる土台があります。それによりムダの削減や効率化をさらに推し進め、人々の仕事の効率性を高めるためのサポートしていきたいと考えています。

私の所属する部署では、ヤマトグループ以外のお客さまを対象としたシステム開発を行っています。その中で私はプロジェクトリーダーとして、お客さまやチームメンバーとのコミュニケーションや、スケジュール・コストの管理などを担当しています。
システム開発は家を建てるのと同じで、何階建てで、どういう広さで、どんな間取りで……といった設計を行い、それに従って開発していきます。規模によっては年単位のプロジェクトになることもありますが、いまの世の中はすごいスピードで変化するので、途中で設計図の変更や開発期間の短縮が求められることも少なくありません。そこで私としては、急な仕様変更や短納期を実現できる新たな開発手法を確立したい。まずは社内にその手法を浸透させ、ゆくゆくは広く社外へも発信することで、業界全体への貢献も視野に挑戦していきたいです。

学生時代にヤマト運輸でアルバイトをしていた際、荷物の受付や配達、集荷作業で使用するシステムや端末が「もっとこうだったら効率が良いのに」と思ったことが、ヤマトシステム開発に興味を持ったきっかけでした。その経験を生かして、現場目線でシステム開発や導入を行い、現場の負荷を軽減したいと考え入社を決めました。
現在は主に、宅急便の荷物情報を受け持つサーバの運用を担当しています。システムは24時間・365日動いているので、新しい機能を追加する際は、既存の機能への影響や、運用方法・監視方法等に問題がないかを、綿密に検討するようにしています。
これまでの経験で運用についてはある程度学ぶことができました。今後はさらに上流工程についても学び、独自の提案ができるようになりたいです。最終的には入社理由でもある、「現場の負担を削減できるシステム」の提案・導入を、私主導で実現したいと考えています。

私が所属する部署では主に、ヤマト運輸向けのシステム開発を行っています。私はその中でも、外部サイトとの連携に関わるシステムの企画、開発、サービス展開を担当していて、エンドユーザーが宅急便のサービスを利用する際の、発送・受取体験の向上というのが、業務を行う上でのミッションになります。
最近では担当するフリマサイトにおける、連携システム全体の刷新にも取り組みました。こうしたシステムはサイトのバックグラウンドで稼働しているものなのですが、このシステムが止まってしまうと、サイト自体の運営にも影響が出てしまいます。直近の刷新でも、お客さまがシステム連携を意識することなく利用できることを目指しました。今後もお客さま体験のさらなる向上を目指して、24時間・365日止まることのない、“あたりまえに利用できるシステム”を実現していきたいと思っています。

ネット通販やシェアリングエコノミーはこれからの時代さらに盛んになっていき、それに伴い、物流が社会で果たす役割もますます大きくなることが予想されます。そうした中で物流をリードするヤマトグループのITを支え、発展させる一員になりたいと考えたことが、ヤマトシステム開発を志望した理由です。
現在はヤマトグループの海外現地法人との共通システムの利用やセキュリティ保護のための問い合わせ対応、新規ネットワークの調整構築作業、インフラ基盤のEOLに伴う更改対応などを行っています。
物流業界では今後、ドローンを利用した配送、IoTの導入、ビッグデータの活用といった、最先端テクノロジーの導入が進んでいくと思います。そういったテクノロジーを活かすために必要な技術や仕組みを学び、いざ導入となった時には、素早くそのプラットフォームを提供できるエンジニアになることが、現在の私の目標です。

ヤマトシステム開発は企業向けのシステム開発だけでなく、農家や個人といった幅広いお客さまの役に立つサービスを提供しており、その点に惹かれて、営業職としてヤマトシステム開発に転職することを決意しました。
現在所属する部署では倉庫業務を起点としながらも、倉庫管理システムに限らない上流~下流にわたるロジスティクス関連業務の改善や、生産性向上などを実現するソリューションサービスを提案しています。いわゆる「物流」の部分だけではなく、「調達」「生産」「販売」「回収」といった“全体最適”を目的としたシステムをご提案するので、関連する分野も多岐にわたり、柔軟な視点や幅広い知識が求められます。目下の課題は専門知識の蓄積や資格の取得です。そこにこれまでの経験やノウハウも動員して、“全体最適”をより多くのお客さまに対して実現できるよう、新たな価値・サービスの創造を目指していきたいと考えています。

Close