044-430-3410
(平日9:00~17:00)

お問い合わせ・資料請求

ご存じですか?

2018年6月の法改正により、事業者(加盟店)は、
お客様のクレジットカード情報を「保持」することができなくなりました。

こんな事業者様に
当てはまります。

小売・通信販売

ガス・電気・通信など

会員向けサービス

事業者様に
こんな影響があります。

改正割賦販売法により
カード情報の非保持化が必要に

2018年6月の「改正割賦販売法」施行により、加盟店に対するセキュリティ対策が義務化されました。これによりカード情報の非保持化、すなわち加盟店の機器・ネットワークにおいてカード情報を「保存」「処理」「通過」しない対策が必要になります。

カード決済による
販売機会が失われます

法施行後は、非保持化の対応ができているかどうかを決済事業者が調査し、是正指導を行うことが義務付けられます。非保持化に対応していない加盟店は、最悪の場合、加盟店契約を打ち切られることも考えられます。

なぜ割販法が改定されたのか?

クレジットカードの取引が拡大する一方で、カード情報の漏えいや不正利用が増加しています。政府は2020年のオリンピック・パラリンピック開催に向けて、クレジットカード取引における「国際基準のセキュリティ環境」を整備することを目指し、2018年6月「改正割賦販売法」を施行。加盟店に対するセキュリティ対策を義務化しました。

カード情報「非保持化」対応は
お済みですか?

すべてヤマトグループに
お任せください

「クレジットカード情報
非保持化サービス」とは

カード情報 代行入力

購入者からハガキ(紙)、FAX、電話で注文・申込を受ける場合、加盟店に代わり、当社が受領し、カード情報のデータ化・保存を代行します。

PCI DSS環境にて管理

PCI DSSに準拠した当社にてカード情報を管理・運用するため、カード情報の漏えい対策といった、加盟店におけるカード情報の非保持化を実現します。

カード会社との
精算処理を代行

加盟店より売上データを受領し決済事業者と連携します。現在利用中の決済代行会社との契約関係を変更せずに、業務委託が可能です。

※ PCI DSS とは、Payment Card Industry Data Security Standard の頭文字をとったもので、加盟店やサービスプロバイダにおいて、クレジットカード会員データを安全に取り扱う事を目的として策定された、クレジットカード業界のセキュリティ基準です。(日本カード情報セキュリティ協議会)

現在、カード情報を
どこに保管していますか?

事業者様のカード情報の運用状況に合わせて適切に対応します。

お客様のカード情報を
当社が「保管」するタイプの場合

お客様のカード情報(申込書・申込み電話)を受領し、当社が代行入力します。カード情報は当社に保管され、精算処理した後、カード会社に提供します、注文情報(会員番号)は加盟店に還元します。

Before カード情報を保持している状態

Before カード番号を保持している状態

After カード情報非保持化している加盟店

After カード番号非保持化している加盟店

保持型の導入費用

例えば、カード情報保持 10,000 件を想定

初期費用:100万+月額基本料金15万+月額諸費用30万

お客様のカード情報が
当社を「通過」するタイプ

お客様のカード情報(申込書・申込み電話)を受領し、当社が代行入力した後、カード会社(決済代行会社)にカード情報を提供します。加盟店および当社にカード情報は保持されません。

Before カード情報を保持している状態

Before カード番号を保持している状態

After カード情報非保持化している加盟店

After カード番号非保持化している加盟店

通過型の導入費用

申込が月間 200 件発生を想定した場合

初期費用:50万+月額基本料金10万+月額諸費用15万

お問い合わせから最短1か月で
ご利用いただけます!

お問い合わせ
こちらからお問い合わせいただけます。
お電話の場合は044-430-3410(平日9:00~17:00 まで)
決済診断
営業が訪問させていただき決済診断(診断内容:カード情報登録・有効性確認・洗替え・オーソリ・売上の各種処理)
ご提案・お見積
決済診断に基づいて、最適なご提案とお見積をご提示します。
ご契約
ご契約後、サービススタートとなります。

「クレジットカード情報非保持化サービス」ならではの
導入メリット

画像データでスピード処理

加盟店は申込用紙原紙を当社へ送付いただく必要はありません。スキャニングした「PDF画像データ」を送信すれば完了します。

安心のセキュリティ

当サービスはPCI DSS準拠の高セキュリティ環境。購入者のクレジットカード情報を安全に管理・運用します。

カンタン導入

現在ご利用中の決済代行会社との契約関係を変更せずに、業務委託が可能です。また、既存の決済スケジュールの変更も必要ございません。

導入事例

ガス会社 様

ガス利用者のカード情報(申込書)をPDFで当社に送っていただき、カード情報と紐付けた会員番号を代行入力し、決済代行会社が保管します。相見積もりでは代行入力会社よりも安い価格をご提示。クレジットカード加盟契約(手数料)も従来から変更せずに非保持化が実現できました。

食品小売会社 様

ワイン頒布会の利用において、既存のCRMからクレジットカード情報をカード会社に送信していたため、当社が会員番号とポイントカード番号の紐付け処理も代行しました。PCI DSSを取得するよりも安く、早く割販法改正に対応できたことを評価いただきました。

商事会社 様

電気・ガス・ボトルウォーターの利用において、毎月200件程度の申込書入力処理が発生。当社に申込書を送付いただくだけでカード決済登録処理が完了するため、既存運用を変更せずに効率化できました。当社サービスの導入により、PCI DSS取得コストと比べ約10分の1のコストで非保持化を実現できました。

百貨店 様

年会費クレジットカード払いの申込みにおいて、当社がカード情報と会員IDを代行入力。
更に追加提案で、紙の申込書だけでなくWebの申込みからでも、カード情報保管と精算処理運用を可能とさせていただきました。
また、申込書回収はヤマトグループの配送サービスを採用いただき、高セキュリティ配送を実現しています。

よくあるご質問

Q.
サービス導入によりカード会社との加盟店契約は変更しなくてはならないでしょうか?
A.
変更不要です。既存の加盟店契約(手数料率)のままサービス提供が可能です。
Q.
現行のシステムやデータでカード情報を保持している場合、移行することは可能でしょうか?
A.
可能です。PCI-DSSに準拠したWebストレージを活用し弊社が受領の上、取込作業を実施します。
Q.
非保持化にあたり、自社のシステム改修が必要な場合、ご依頼可能でしょうか?
A.
システム要件分析のうえ、改修のご提案、または仕組み自体を構築するBPO提案も可能です。
Q.
代行入力対象となるカード情報の記載された紙自体を保管・廃棄することは可能でしょうか。
A.
可能です。既定期間、保存を行い溶解処理の上、廃棄証明書を出力することが可能です。
TO PAGETOP