未来価値創造企業
職種紹介

職種紹介

ヤマトシステム開発では、
仕事や役割の領域により
職種を4つに分けています。

営業・
マーケティング

各ソリューションのエキスパート営業。

ヤマトシステム開発の営業・マーケティング職は、様々な業種業態・規模の顧客が持つITニーズをいち早く正確に捉え、市場動向やユーザーニーズなどをミックスしながら企画提案を行います。顧客企業との信頼関係を構築しながら、自らがフロントに立って顧客と自社の開発・運用スタッフを結び、プロジェクトを成功へと導く役割を担っています。

開発

ユーザー系SIerと独立系SIer。
2つの側面を持つ当社ならではのシステム開発。

ヤマトグループ以外のIT導入を担うユーザー系SI企業の側面と、ヤマトグループ以外の様々なクライアントからの受託開発を進める独立系SI企業の側面を持つヤマトシステム開発。業務アプリケーションの開発エンジニアも、いずれかのチームに所属することになります。両者で培ったユーザー目線と先進性のバランスは当社の特色。エンジニアの力の発揮どころでもあります。

運用

システムのパフォーマンスを引き出す
クリエイティブな運用設計を担当。

ヤマトシステム開発の運用エンジニアは、システムのパフォーマンスをいっそう引き出すための運用の改善活動や、省力化・自動化を進めるミドルウェア類の導入、クライアント個々のニーズや状況にフィットした運用手順をオーダーメード設計など担います。技術的に新たな取り組みとなることが多く、高度な運用技術を活かして、顧客のシステム運用業務自体を請け負うケースもあります。

インフラ

世の中を変えるITを創造するために、
最先端のインフラ技術を積極的に取り込む。

インフラ運用のエンジニアは、サーバー、ネットワーク、セキュリティ等の技術を極めつつ、自由度の高く堅牢なプラットフォームを提供。こうした仕事が膨大な宅急便のトレース情報を扱う基幹システムの構築や、数万台レベルの情報端末をシンクライアント化し、先見的なテレワーク導入を成功するなど、ヤマトシステム開発の特色の一つを支えています。

1つのお客様と出会って、商談を行い、受注、
納品するまでには多くのプロセスがあり、

それぞれの職種が協力し合いながら
プロジェクトを進めていきます。