未来価値創造企業
T.Katayama

仕事インタビュー

現場重視の意識と異動で得た視野を武器に、
新サービスのシェア拡大を牽引する。

T.Katayama

2014年入社

システムソリューションカンパニー

職種:マーケティング・運用設計

倉庫管理システムの導入実績拡大に向けて、
市場・競合リサーチから営業支援、導入支援まで担う。

ヤマト運輸を母体に持つ当社は、以前から物流・倉庫業務に関するシステム開発の先頭を歩んできました。膨大な荷物のどれがいつ入庫し、倉庫内のどこに保管され、いつ出荷する/したのかをシステムで管理することにより、入出庫作業を強力にバックアップできるのが倉庫管理システム(WMS)です。現在はクラウド上で入庫・出荷・在庫管理が行えるWMSを軸に、数多くの顧客企業に庫内業務の効率化や標準化を支援しています。

私は現在、このWMSのマーケティング担当として、市場調査から競合調査、営業支援資料作成、商談支援等に加え、営業同行を通じた提供サービスの高度化を進めています。例えば、顧客の業務特性に応じた最適な庫内レイアウト・作業フローの改善提案も担当業務の一つです。

さらに、当社のWMSを導入いただいた顧客企業を訪問し、現場の実情とシステムを適合させて導入効果を最大限に引き出す運用につなげるためのFit&Gap業務も担っています。

T.Katayama

経営戦略室時代に磨いた幅広い視野と経営感覚。
それに加えて現場重視の姿勢で顧客にアプローチする。

マーケティング業務もFit&Gap業務も、WMS導入提案を通して物流倉庫のセンター長と深く関わり合い、業務効率や収益性の観点から課題を共有しながら解決を図る仕事です。さらに、顧客企業の経営層との会話では広範囲な物流網など事業全体に視野を広げた提案が期待されます。そこに必要となるコンサルティングスキルの下地は、以前に経営戦略室に配属されていた時に鍛えられました。そこでは様々な部署の責任者とコンタクトしながら、支社の収支計画の策定、社内報の制作管理、新サービスの創出支援などの業務を通して、経営層に近い環境で会社として進むべき方向を考える視点を養えました。

そんな私が、現在の部署に異動したのは、希望によるものです。新人の頃に感じていた、物流や倉庫の現場が抱える課題の改善提案が受け入れられる醍醐味を、再び味わいたかったからです。今は経営戦略室時に培った視野の広さと経営感覚を活かしつつ、現場重視の姿勢で日々の提案に立ち向かっています。

T.Katayama

自分の力を引き出してくれる風土。
新人の頃の自分には「もっと苦しめ」と声をかけたい。

営業、経営戦略、マーケティングとキャリアを重ねてきた私ですが、新人の頃は悩んだり苦しんだりする毎日の連続でした。

何よりも経験が足りない。顧客担当者の質問に即座に答えていく対応力が求められたのですが、私は自分の実力不足を直視できず、徐々に内向きになっていきました。2年目の初めの頃、担当企業のシステム更改案件で運用テストの際に先輩の指摘で不備が見つかった時には、隠れて涙を流しました。担当の自分が気づけなかった消極性が恥ずかしかったからです。

そんな私に対し、当時の先輩たちは「お前の存在意義は何だ!」「失敗したら俺たちがリカバーする」と私を鼓舞し、できるだけ顧客に向き合うように仕向けてくれました。そうして経験を重ねることが特効薬でした。考え抜くことで次第に自分なりの対応ができるようになり、結果もついてきたのです。今では、「もっと苦しんでおけば良かった」と思えるくらい、大切な、貴重な経験を経た時期でした。

1日の流れ

7:30

テレワーク開始

メール確認・タスク確認・終了目安決定

9:30

チームMTG

案件進捗・共有事項の確認

10:00

WEB商談

12:00

昼食・移動

13:00

お客様先訪問

倉庫視察

13:00

お客様先訪問

倉庫視察

15:00

帰宅、テレワーク

16:00

開発打合せ・部下の案件確認・指導

20:00

業務終了

20:00

家族と夕食