未来価値創造企業
S.Taninaka

仕事インタビュー

一つの案件をクリアするたびに、
提案の引き出しが増えたと感じる。

S.Taninaka

2014年入社

地域統括営業本部 東京営業所

職種:営業

システム開発事業を幅広く手がけているだけに、
様々なIT分野の多彩な営業スタイルが学べる。

私は就活で、最初に今後の発展が期待される業界と聞き、IT業界に興味を持ちました。調べていくと、大手システム開発企業には、ITを使った自社システムや自社サービスを開発して提供する企業と、顧客のシステムを受託開発する事業を行う企業に大別されることを理解しました。そして、ヤマトシステム開発はその両方の事業を展開していることを知り、営業活動を通して幅広く学べると考え第一志望にしたのです。実際にこれまで2つの異なる部門で営業を経験しましたが、営業スタイルは全く異なり、就職活動時の考えは正しいものだったと思っています。

入社と同時に配属された電子マネーソリューション事業部では、サービス企画を含めたカード決済システムの提案営業という奥の深い仕事を任されました。

4年目に異動した東京営業所では西東京エリアを担当し、当社のあらゆる商材を扱うことになりました。お客様に最初から決まったたサービスだけを提案するのではなく、事業の課題をお聞きし、その解決策を一緒に考えていくという、コンサルティング型の営業に変化したのです。

S.Taninaka

ヤマトグループの信頼は営業上で大きなアドバンテージ。
商談ではすぐに本題に入ることができる。

ヤマトシステム開発に入って良かったと思った瞬間は、まだまだたくさんあります。その一つが、宅急便を中心としたヤマトグループの社会的な信頼の高さによる、仕事の進めやすさを実感した時です。顧客開拓のために、新規で企業に営業電話をかけた際に、まず簡単に切られることはありません。普段から宅急便を利用されていて親近感を持っていただいているお客様も数多くいらっしゃいます。

私たちがそのヤマトグループのシステム開発部門だと自己紹介すると、一度お会いしたいとか、実はITの件で相談したいことがあるなどと、お客様側から言われることもあります。ヤマトグループの高い認知度のおかげで、お客様の元に足繁く通ってゼロから信頼関係を構築していく時間がかなり省けるのです。ですから、ニーズのあるお客様とお会いできた際には、時間をそれほどかけずに、具体的な商談や課題解決に向けたコンサルティングに入れるケースが少なくありません。

S.Taninaka

対応した案件の数だけ実力は磨かれる。
ふと振り返った時に、随分と成長できたことを再確認。

会社にいくら信用があろうとも、営業に確かなスキルが身についていないと、中身のある提案ができないのは当然です。新人の頃は、先輩から営業に必要なITに関する知識やお客様の業界の業務知識を、じっくりと指導してもらいました。また、一つ一つの仕事を何とかこなしていけば、次に同様の案件を担当した際は、スムーズにやり遂げることができます。当社には様々なソリューションサービスがありますが、営業として全て取り扱う経験ができたら、質の高いコンサルティングが可能になると考えています。

先日、電子マネーソリューション事業部時代のお客様から問い合わせのお電話をいただき訪問した際に、「頼もしくなったね」と言われました。ふと振り返っても、かつてはできなかったことがいつしか出来るようになっていて、自分でも成長してきたことを実感できます。その時には、ヤマトシステム開発だから、大きく成長できたのだとも感じています。

1日の流れ

8:40

出社

8:50

メールチェック

お客様からの問い合わせメールを確認し、急ぎの用件であればすぐに返信。それを終えると、その日のスケジュール確認をこなす。

9:00

デスクワーク

訪問用の資料の作成や、提案書や見積書の作成、他社事例の取りまとめ作業などを行う。

12:00

外出

アポイントを入れてあるお客様のオフィス方面に向かう。

13:00

外出先で昼食

営業は複数の顧客を同時並行で担当することから、毎日異なる様々な駅で乗り降りをする。そのおかげで、外出先では色々なお店でランチが食べられる。

14:00

顧客訪問

前回から持ち越されていた検討課題についての解決案を披露。質問にも答える。

15:00

訪問終了・移動

西東京エリアの別の顧客の元に移動。途中でカフェに立ち寄り、二十数分間のモバイルワーク。この後に、提案するための資料の確認などを行う。

16:00

顧客訪問

本日2件目の顧客訪問。1日に1社〜2社の訪問が平均的。

17:00

外出先付近のカフェでモバイルワーク

メールチェックや資料作成などに集中する。オフィスに戻る時間を、そのまま営業活動上で重要な業務の時間に充てることが可能。

19:00

直帰

顧客訪問終了後、オフィスに連絡を入れてから自宅に向かう。