未来価値創造企業
S.Morimoto

仕事インタビュー

営業提案の枠を制限せずに、
お客様にとことん寄り添っていく。

S.Morimoto

2016年入社

地域統括営業本部 千葉営業所

職種:営業

ITは地域産業を元気づけることができる。
それを毎日実感している。

ヤマトシステム開発との出会いは突然でした。自らをアピールする学生を企業側が指名するという就活イベントで、私に声がかかったのです。興味を持って話を聞いてみると、仕事を通して多くの人と出会いたいとアピールしていた私に、当社の営業がかなりマッチしていると伝えられました。今振り返ってみると、その時して頂いた評価は、入社した今、自分らしい仕事ができていることから合っていると思いますし、声をかけてくれたことに心から感謝しています。

現在の私は、千葉営業所の営業として千葉県内の食品メーカーや農家のお客様を日々何件も営業訪問しています。主に提案しているのはe-通販ソリューション(以下、e-通販)です。多くのお客様は、自分たちがつくったお菓子や特産品を、どのようにネットで販売したら良いのか悩まれています。サイトの構築はどうすれば良いか、受注管理はどうすればよいか、集客はどうするか・・・など、課題は様々です。そこで当社の様々な通販支援サービスを紹介し、活用いただく筋道をつけるのが営業の役割になります。そうしてサービスを利用して頂いた結果、お客様のECが軌道に乗ると、とても喜んでいただけるのです。

S.Morimoto

e-通販は私たちを知っていただく入り口。
お客様に貢献できる裾野は想像以上に広い。

実は、私にとってe-通販は提案するサービスの一つに過ぎません。そもそもヤマトシステム開発の地方拠点では、特定のソリューションに絞らず、地域のお客様を対象に幅広いITサービスを提供していく営業活動を行なっています。もちろん、注目度の高いe-通販は私たちの主要サービスであり売り上げも伸びていますが、お客様との信頼関係を築くきっかけや、別のソリューション提案のスタート地点となることも多いのです。

例えば先日、e-通販の件でお会いしたお客様がいらっしゃいました。よくよく経営上のお悩みを聞くと、通販事業の強化よりも実店舗の運営の効率化で困っているのが伝わってきました。そこで業務改善策としてPOSシステムの導入を提案したところ、これがお客様のお悩みの解消に役立ち、「森本さんに相談して良かった」と言っていただけたのです。

上司からも「自分たちに売れないサービスはないと思いなさい」と言われています。実際に、通販をはじめ、販売促進、業務改善、倉庫・在庫管理、顧客管理、帳票のデジタル化、セキュリティ強化など、広範囲に対応できます。

S.Morimoto

e-通販セミナーの講師役に奮闘するのは、
もっと多くの「ありがとう」を聞きたいから。

入社から3年が経ち、本当に多くのお客様と信頼関係を築くことができました。最初の頃は先輩から教えてもらうことばかりで、自分でもITの解説書や資料を読んだりして勉強しました。その甲斐があって、お客様から頼りにされることも多くなり、改めて自分が大きく成長できたことを実感しています。

現在では、営業所が10社〜20社のお客様を集めて主催するe-通販セミナーの講師も任されています。それ以前は多くの人の前でレクチャーした経験など私にはありませんでした。そこで、模擬講義を行い、その自分の姿を先輩にビデオに撮ってもらい、それを見ながら伝わりやすい話し方の練習を何度も重ねました。セミナーから新たな成約に至るケースも少なくないので、事前練習にも力が入ります。でも、それ以上に、私たちのサービスを利用していただいて喜ぶお客様の顔を一人でも多く見たい、営業に費やす努力の源泉はこれに尽きますね。

1日の流れ

9:00

お客様先へ直行

前日にアポイントを取っていたお客様のオフィスを電車で訪問する。営業は「聞く力」が大切だと考えているので、商談ではお客様の真意を聞き漏らさないように集中する。

10:00

移動

電車で次のお客様先へ。新規のお客様だったので、自社のサービスの紹介をしつつ、会話が弾むように工夫する。

12:00

昼食

お客様の最寄りの駅でランチ。

13:00

移動

次のお客様先に電車で向かう。

13:20

モバイルワーク

お客様のオフィスの最寄りのカフェでパソコンを開き、次に提案する内容を再確認する。複数のメールの送受信も済ませる。

14:00

商談(サービス提案)

これまで何度か足を運んで課題を共有したお客様へ、解決策としてまとめたサービス企画をプレゼンテーションする。

16:00

千葉営業所に移動

電車の中で、今日の商談の中身を整理する。

16:20

事務処理および後輩指導

メールチェック、既存の顧客対応の後、OJTの一環で指導を任せられている新入社員との振り返り時間をじっくりと取る。

18:30

翌日の準備

提案書類をお客様に合わせてまとめ直したり、スケジュールを組み直したりするなど、効率良く営業活動が進められるように行動計画を立てる。

19:00

退社