未来価値創造企業
E.Tanaka

仕事インタビュー

社会をもっと便利にするITの数々を、
チーム営業のスタイルで提案していく。

E.Tanaka

2016年入社

カードソリューションカンパニー

職種:営業

クレジットカード会社が新しく創出するサービスの、
IT開発と運用の役割を大きく担っている。

クレジットカードの普及は社会に様々な恩恵をもたらしています。多額のキャッシュを持ち歩かなくても良いことから始まり、ネットでの信用決済、ポイント獲得などマーケティングへの活用、非対面・非接触の認証決済など、次々とそのメリットが生み出されてきました。

私が所属するカードソリューションカンパニーは、クレジットカード会社様各社に、様々なカードサービスを実行、あるいは管理するシステムの開発と運用を提供している部署です。カード会社が新たに実現しようとするサービスの多くは、ITの進化と結びついています。そのため、営業は担当顧客の構想…例えば新しい決済端末の活用や、Webでより簡単な加入手続き、様々な決済への拡大などを、普段のコミュニケーションの中で把握・確認し、その実現に必要なシステムの要件を企画・提案することで、開発や運用の受託契約を目指します。また、契約締結後も、顧客と自社の開発チームの間に立って進捗管理を担います。

E.Tanaka

ヤマトグループのカード業界との長年にわたる協業実績が、
YSDの実力と存在感を高めている。

私は数社の有名カード会社を担当していますが、日々の商談の相手となるカウンターパートは、加盟店開拓や社会インフラ関連サービスの実務担当者の方々です。先日は他部署から当カンパニーに異動して日が浅いにもかかわらず、新たなサービスに関する実証実験プロジェクトの主担当を任されました。

社会をまた一つ便利にする、やりがいの大きな案件。そこで感じたのは社会インフラシステム分野におけるヤマトグループと当社の実績でした。先輩たちが築いてきた信頼があったからこそ、新参者の私はプロジェクトに参加するカード会社や設備会社からも一緒に仕事をしていく仲間だと一目置かれ、色々と教えてもらえる機会を持てたのです。こうした当社の実績と信頼は社会インフラ関連の案件に限らず、クレジットカード業界に広く浸透していることを、後々にも幾度も実感しました。

E.Tanaka

チームワークで仕事を進める風土が、
プロジェクトや後輩指導の中に定着している。

就活で当社を志望したのは、社員一人に責任を押しつけず、チームで目標を達成しようとする社風を知ったからです。入社して、確かにその通りでした。顧客との商談は、若手のうちは原則として先輩とタッグを組んで進めます。常に先輩が主担当という役割分担ではなく、時に後輩の方が主担当となります。それによって、適切な指導を受けながら成長のための経験を積むことができます。私も、そうして先輩方からしっかりと学ぶことができました。現在は後輩2名への指導も期待されています。

先輩たちはクレジットカード関連のソリューションの知識が豊富なので、まだまだ学びたいことばかりです。その一方で、私は以前、当社が持つ様々なサービスを扱っている部署に所属し、多様な産業分野のITソリューション営業を経験してきました。そこで、今後は私らしく異動前に得た知見を活かしながら、当カンパニーにおいて新たなサービスを開拓していきたいと考えています。

1日の流れ

9:30

仕事開始

テレワークのため自宅でパソコンを立ち上げます。

9:40

メールなどの確認

10:00

Webにて顧客打合せ

テレワークが浸透し、直接の訪問は月に2回程度です。

11:00

議事録作成、持ち帰り事項確認

12:00

昼食、洗濯、夕飯の食材の買い物

13:00

部署(チーム)の打ち合わせ

14:00

資料作成、問合せ対応

16:00

ひよっこ会

2名の後輩を育成するためにWebでアドバイスや相談を行なっています。

17:00

後輩作成議事録の添削、顧客QAについて先輩へ相談、資料作成

19:00

退勤(パソコンのシャットダウン)、夕飯作り、お風呂掃除