未来価値創造企業
K.Aibara

仕事インタビュー

運用業務を経験することで、
現場フローとシステムの関係を理解する。

K.Aibara

2017年入社

システム運用本部

職種:システム運用

ITで新しいサービスを開拓したいと考えて選んだのは、
キャリアチェンジができる機会のある企業。

就活でIT業界を志望した理由は、大学の専攻の中で、自分と洋服の画像を組み合わせて試着したように表示できる、アパレル通販向けのアプリを構想したのがきっかけです。それで、就職したIT企業で新しいサービスを実現するシステムを開発したいと考えたのです。

ヤマトシステム開発を選んだのは、教育がしっかりしていて、柔軟に自分のキャリアを描ける会社であると知ったから。ITで新しく何かしようにも、技術スキルが皆無なので、まずはきちんと学びたいと思ったのです。

試着アプリの件でシステム開発の仕様を決める上流工程に触れたので、入社後はシステム開発の下流工程で設計やプログラミングの技術をしっかり習得し、それから要件定義などの上流工程へ向かうステップアップを希望しました。そしてシステム開発本部に配属。研修を終えた1年目の後半には、グループ会社の顧客登録システムのテストやプログラム修正の仕事をさせてもらいました。

K.Aibara

突然の人事発令で開発から運用に異動したことにより、
視野が広がって漠然と理解していた仕組みがクリアに見えた。

社会人1年目が終わる頃、開発部門として技術を学んでいこうと意気込んでいた矢先に、上司から運用部門に異動することが伝えられました。寝耳に水とは、まさにこのことです。本音を言えば、開発職に未練はありました。それでも、いろんな仕事を経験したいという気持ちもありましたので、すぐに異動を前向きに捉えました。

任された仕事は主に二つ。ヤマト運輸の宅急便を利用されているお客様から事務管理センターに、荷物の追跡システムがWebサイトに反映されていないという問い合わせがあった際に、システムのログを確認して原因を調査するという業務が一つ。もう一つは、ヤマト運輸大口のお客様の登録内容の細かな変更作業です。

今になって運用部門に異動して良かったと思うのは、実際の宅急便の業務フロー全般と、そこにシステムがどう支援しているのか、ここに来てはっきりとつかめたことです。それから、ITについてより深く理解できるようになったと思います。

K.Aibara

若手のうちに多彩な経験を積み増しながら、
いつか自分らしいプロジェクトリーダー像を引き寄せたい。

思い返せば、就活の面接の際に、入社後は自分の成長度に合わせて柔軟なキャリアチェンジを行い、様々な部署を経験することで多様な視点を身につけていくようなステップアップを図りたいと人事採用担当に言っていたような気がします。開発から運用への異動も、そんな私の想いを汲んでくれたのかも知れませんね。

私は、ヤマトシステム開発は、福利厚生の手厚さ、有給休暇の取得しやすさ、シフト勤務(運用部門)の自由さがあります。またテレワークを導入するなど働き方改革も進み、社員の要望を拾い上げてくれる仕組みがあるなど、社員にとってたくさんの魅力がある会社だと思います。でも、一番嬉しいのは、成長意欲のある社員を応援してくれる上司や同僚がたくさんいるという環境です。これからも新しい業務にどんどんチャレンジし、いつかは豊富な経験を活かしてチームを率いるプロジェクトリーダーになりたい、そう思い描いています。

1日の流れ

8:20

出勤

8:30

メールチェックとその日のスケジュール確認

ヤマト運輸の担当者からの問い合わせメールが届いている。システム運用本部からの通達事項もチェックする。

9:00

デスクワーク

運用作業や問い合わせ対応。伝票番号からシステムにアクセスし、荷物の各ポイントの通過時間から現在位置を追跡する。またWebサイトに反映されていない原因も調べる。

11:45

昼食

主にネコカフェで同期の仲間と食事する。

12:45

デスクワーク

午前中の運用業務の続き。問い合わせは随時入り、運用の作業に優先順位をつけてこなしていく。

18:00

メールチェック

新たに届いた問い合わせメールや確認依頼メールをチェック。業務に取り掛かる順番などを仕分ける。

18:30

翌日の準備

おおよそのスケジュールを組み、翌日の出社直後から業務をスタートできるように準備をしておく。

19:00

退社

週に1回は終業後に同期と外食を楽しむ。大学時代の友人や同期と飲み会などの場所に向かう。