未来価値創造企業
K.Iizuka

仕事インタビュー

社会的な意義を原動力に置き換えて、
ヤマトグループのIT運用に取り組む。

D.Iizuka

2017年入社

インフラ技術本部

職種:インフラ運用

責任とやり甲斐の大きさで選んだ、
宅急便という重要な社会インフラを支えていく仕事。

大学でネットワーク構築を学んだ私は、ITインフラに深く関わりたいと考えて就活を進めました。最終的にヤマトシステム開発を選んだ理由は、日本全国各地で荷物を集配する宅急便というスケールの大きい社会的インフラをITで支えていく仕事に、大きな意義を想像できたからです。

入社2年目の現在は教育と実務を兼ねたようなポジションですが、それでも日々の手応えの大きさは相当なものです。例えば任されている仕事の一つである、ヤマトグループ全社で利用されるグループウェアの運用・管理では、万が一業務上でミスを起こして機能に支障を来せば、ヤマトグループ全社の業務が一部停止してしまいます。また、ヤマトグループのサービスを利用されるお客様の情報を守るSSL証明書の管理も担当していますが、こちらに支障が出れば、ヤマトグループの信頼を喪失してしまい兼ねません。このように私の仕事は影響が大きく責任は重大ですが、社会に貢献する仕事であることも体感できます。

K.Iizuka

問題なくシステムを稼働させていくために、
膨大な運用業務をスケジュール通りこなしていく。

ITの運用・保守という仕事のやり甲斐は、ひとえにシステムが安定稼働する・・・つまり問題なく動いている時に感じられます。システムの稼働に問題がないということは、様々なサービスを提供できている状態を示します。ヤマトグループ社員の皆さんが仕事でITをいつも通り活用し、同時に多くのお客様がいつも通りヤマトグループのサービスを利用している証明なのです。まさに、水道や電気などと等しく、社会を成立させているインフラと言えるでしょう。そこに私が深く関わっていることに対しては、誇りを感じています。

しかし、自分の担当するサービスが「動いて当たり前」の状態を継続していくには、セキュリティ関連の管理業務やネットワーク/サーバーの管理・メンテナンスなど、複数の煩雑な業務を手際良く確実にこなしていく必要があります。最近になってようやく、日々仕事が立て込んでくる中で、上手くスケジューリングができるようになりました。

K.Iizuka

この先もずっと社会に貢献していきたいと思うからこそ、
先端ITを先取りしてスキルを磨く。

システムを安定稼働させる仕事と聞いて、同じ業務を繰り返す仕事だと思うと大間違いです。ITインフラは進化・発展するものであり、より高い安定性の維持やコスト効率化、新機能の実装やスケール拡張等は、運用上でも追求していくテーマです。さらにサーバー/ネットワークの構築までキャリアの展開を考えると、運用担当者にはITインフラに関する様々な先端技術にアンテナを張ることが求められます。

私自身、今後はパブリッククラウドを大幅に活用することや、不正アクセス対策などのセキュリティ強化にも取り組みたいと考えています。

そのため、システムを管理する上で習熟しておきたいLinuxの世界的な認定資格であるLPICと、世界的なネットワーク機器ベンダーであるシスコ社の認定資格であるCCNAの取得を目指し、個人的に勉強を続けています。会社もやりたい仕事を進んでやらせてくれます。成長意欲に応えてくれる環境なのですから、前向きにならないと損ですよね。

1日の流れ

8:50

出勤

8:50

日報入力・メールチェック・スケジュール確認

日報に前日の作業内容やかかった時間、工数などを入力。SSL承認局や社内グループウェア担当者からの問い合わせに対応する。

9:30

デスクワーク

何日か後に行うことになるシステムのメンテナンス作業の準備として、作業前調査や手順書作成、関連業務の資料作成に集中する。

12:00

昼食

職場の先輩あるいは同期と食事を楽しむ。

13:00

午前のデスクワークの残作業

メンテナンス作業の内容確認を行い、仕上げた手順書等が合致しているかチェックする。

16:30

当日の障害状況などの共有

障害が発生していなくても、先に手を打つべきポイントがあるかどうかを確認する。

18:00

翌営業日の準備やメール確認

18:30

退社