未来価値創造企業
K.Suzuki

仕事インタビュー

エンジニアのこだわりに期待し、
尊重してくれる風土がある。

K.Suzuki

2011年入社

システム開発本部

職種:システム開発

得意のプログラミングが、
システム開発の最上流工程で重宝されている。

私は国立高専で5年間にわたって機械工学を学び、その後に編入した大学では工業デザインを専攻しました。ヤマトシステム開発への入社を希望したのは、ヤマトグループのブランドの印象が良かったことと、高専の時にコンピュータプログラミングに出会い、そこで獲得したスキルを活かしたいと考えたからです。現在はシステム開発本部に所属し、ヤマトグループ外のクライアントのシステム開発案件でプログラミングを担当しています。

プログラミングと聞けば、設計に従ってコーディングする製造工程だと思われるかもしれませんが、私はクライアントへの提案のためにプロトタイプをつくる上流工程の段階で、プロジェクトリーダーからよく声がかかります。システム構築の方向性を聞けば、頭の中で設計し、すぐさま時間をかけずにJavaやC++のコードを書いていくのが得意なので、短時間でプロトタイプをつくれるスキルが重宝されているのです。どのような画面設計が良いのか、あるいはどのような機能をどう実装すべきかといった相談も持ちかけられます。

K.Suzuki

エンジニアの新しい発想や自発的な開発意欲を、
積極的に応援してくれる会社。

ヤマトシステム開発では、エンジニアとしてのスキルが認められると、新しい技術を獲得していく役割を担うメンバーとしても期待されるようになります。例えば、私は現在、プロジェクト内の業務以外にも、クラウド上の仮想サーバーを利用して開発を行う「サーバーレスアプリケーション」の技術を取り込んで、もっと手軽にシステムをつくれる環境への移行に挑んでいます。また、その他にも、スマートスピーカー向けのアプリケーションを、上司の許可を得て自発的に開発している先輩のお手伝いもしています。

このように、ヤマトシステム開発にはエンジニアの技術的な好奇心を満たせる機会がふんだんにあります。入社後、基本的な開発経験を積んだ後に、マネジメント系ではなくスペシャリスト系のキャリアコースを選べば、新しい技術や新しいシステムに関わり続けたいという意欲をいつまでも充たせるでしょう。

K.Suzuki

技術の要、品質の要として存在し、頼りにされる、
本物のプログラマであり続けたい。

一般に、大手のシステム開発会社は上流工程シフトを進め、プログラム製造は外注化していく傾向にあります。でも、システムを開発する企業である以上、社内には必ずプログラムをしっかりと書ける人材が必要であるはずです。クライアントからの要望をシステム上で実装するにあたり、実現の可否、工数やコスト、技術的な課題について、的確に理解・判断していくにはプログラマの知見が不可欠だからです。

私自身、ヤマトシステム開発の技術に対する信頼獲得や品質面の担保に貢献しているという自覚はあります。今後も技術をいっそう磨き、当社における「技術の要」と「品質の要」となり、クライアントからの信頼を担っていきたいです。そうして、替えの効かない高い価値を持った人材に、一歩一歩近づいていこうと考えています。

1日の流れ

10:30

出社

前日の日報入力、PLや営業からの報告メールや、クライアントからの問い合わせメールをチェック。急ぎの用件であれば返信も済ませる。

10:50

作業開始

プログラミング、ドキュメント作成、サーバー設定などのデスクワーク。

11:45

昼食

13:00

プロジェクト内の進捗報告会

今、何がどこまで進んでいるのか、全体的な仕様の矛盾や致命的な問題がないかを、メンバー全員で共有する。

14:00

作業の続き

合間にバグでハマってるメンバーを助けたり、技術的な質問に答えたり、見積りを手伝ったりする。

16:00

10分くらい休憩

16:10

作業の続き

開発作業を行いつつ、新バージョンのOSの動きやフレームワークの仕様などに関して、わからないことをネットで調べる。

19:30

退社