未来価値創造企業
S.Hanaoka

仕事インタビュー

ヤマト運輸の基幹システムを手がける
バトンが渡される、その日に備える。

S.Hanaoka

2015年入社

システム開発本部

職種:システム開発

開発現場で学び取る機会が与えられて、
プロジェクトリーダーへと駆け上る。

ヤマトシステム開発のような「ユーザー系」のSI企業は、グループ会社の定期的な情報システム更改を担うことから経営が安定していると言われます。でも、私が当社への入社を希望したのは、企業としての安定性が理由ではありません。ヤマト運輸と言う日本最大級の運送会社の大規模システムの進化を主導する、プロジェクトの最上流工程に関わりたかったのでした。

そうした志望動機に対し、会社は私の入社後に動いてくれました。3年目に早くもプロジェクトリーダーの補佐業務を担い、管理業務の基礎的なスキルを学び取ることができたのです。4年目の現在は2つのプロジェクトでプロジェクトリーダーを任されています。まだまだ規模の小さなカスタマイズ案件ですが、開発の進捗や品質、メンバーのマネジメントなどのリーダー業務を実行中です。いずれ大規模なプロジェクトを任された際に必要となるスキルを取得する意味で、貴重な経験を着実に積んでいると自覚しています。

S.Hanaoka

現状の業務改善を目的とする小規模プロジェクトで、
ヤマトグループの開発案件の醍醐味を再確認する。

ヤマト運輸の事業を支える基幹システムは、最初のバージョンから数えて現在は8代目。数年ごとに大規模な更改がありますが、その間にも数多くの課題解決に向けた小規模開発が絶え間なく続けられます。

現在、プロジェクトリーダーを担っている2つの案件もそうした改良・追加案件。「再配達系の支援システムの改善」と、「配達員が使用するシステムへの新機能追加」です。いずれも、私がクライアントとなるヤマト運輸の営業部門の担当者からしっかりとヒアリングを行い、どのような業務をどうシステム化するのか要件を定義しました。

そうした中で得られたのは、上流工程を進めていくのに必要となるテクニックだけではありません。ヤマト運輸の多くの社員の皆さんが、より良い宅急便サービスの実現に向けて真剣に挑んでいる熱量の大きさに触れられたことも大きかったですね。そこに情報システムの面から参加していけるという、自分たちの存在意義を改めて深く認識できました。

S.Hanaoka

手を挙げた者に優先して任せていく風土が、
成長意欲を大きく引き出していく。

ヤマトシステム開発は、新入社員教育が充実していて、配属後の現場教育も手厚く、若手社員を確実に一人前のITエンジニアもしくはIT営業に育成する会社です。

でも、その方向性を自分主導で決めていきたい、あるいはもっと自分を追い込んで伸びしろのギリギリまで成長したいと考えたら、手を上げて自発的な希望をアピールすることになります。そして、そうした前のめりの姿勢を、尊重してくれる会社です。

私も大規模案件の上流工程に携わりたいという希望を、入社前から今に至るまで人事や上司に伝えていましたが、この想いに会社は応えてくれました。例えば、社内外のプロジェクトリーダー研修や大手ベンダーの新サービスセミナーへの参加機会が与えられるなど、自分に投資してもらっていると感じています。

手を上げたからには、成果を出さなければならないというプレッシャーもあります。でも、それを原動力に変えて、キャリアを駆け抜けたいと考えています。

1日の流れ

9:20

出勤(フレックス出社)

9:30

メールチェックとその日のスケジュール確認

メールは運用部門や営業担当など社内の他部署からの問い合わせがほとんど。ヤマト運輸のプロジェクトに関わる担当者からの質問も日常的に届く。

9:50

デスクワーク

プロジェクトのスケジュール管理・要件定義書作成・後輩のフォロー等、優先順位をつけながら対処していく。

11:45

昼食

主に同期とランチを取る。お弁当を買って済ませることもあるが、週に3回くらいは外食する。オフィス近辺の中華料理店のランチがお気に入り。

13:00

ミーティング

お客様(ヤマト運輸のプロジェクト担当者)と要件の確認を行う。個々の場面での十分な確認作業が、後のシステムの使い勝手を大きく左右するから一瞬たりとも手を抜けない。

15:00

ミーティング内容整理・資料修正

ミーティング内で合意・決定した事柄をきちんと整理し、開発に反映させていく内容としてドキュメントに落とし込んでいく。

17:00

プロジェクトの進捗確認

プロジェクトメンバーから業務報告を受けつつ、進捗状況をチェック。課題が見えたら、すぐに対処する。必要に応じて開発内容のレビューも受ける。

18:30

翌日の準備

19:00

退社