未来価値創造企業
Y.Sawayanagi

仕事インタビュー

成長機会となる壁を乗り越えた今、
Javaのエキスパートを目指す。

Y.Sawayanagi

2017年入社

システム開発本部

職種:システム開発

入社2年目で新人の技術教育担当に抜擢され、
講師に求められる知識を自分の中に詰め込んでいく。

社会学部出身の私は、入社時にシステム開発についての知識はまったくありませんでした。それでもITベンチャーでアルバイトをしたのがきっかけでこの業界に興味を持ち、面接でたくさんの魅力が伝わってきたヤマトシステム開発に入社しました。面接で確認した通り、1年目の研修は手厚く、未経験者が初級レベルに成長できた実感はありました。

ところが、2年目になって、新入社員の技術研修の講師に抜擢されたのです。主にJavaとCOBOLというプログラミング言語を教えるのですが、人に指導できる力量など私には到底ありません。こんな頼りない講師では、後輩に迷惑をかけてしまいます。私は必死になって勉強し始めました。書籍を読み、ネットで調べ、先輩に尋ね…一生の中で、これほど真剣に学習したこと無いくらいでした。また、初心者に教える難しさにも悩みました。言葉を噛み砕き、実例を示し、一つ一つ理解させていくために、かなりの準備が求められました。

Y.Sawayanagi

技術の習得に集中して取り組んだことにより、
最初の開発案件にも関わらずスムーズに入ることができた。

研修は何とか終えることができ、至らなかった点はあれど、大きな問題もなく、ホッとしました。そうして2年目の後半から現在のプロジェクトに配属されました。新たに担当することになったのは、グループ会社のヤマトフィナンシャルをクライアントとする、決済代行システムの開発案件です。私は決済画面のバックグラウンドで動くプログラムの開発を任されました。Javaをベースとした社内のフレームワークでつくっていく、まぎれもない開発職です。

自分でも意外だったのは、プロジェクトにスムーズに入って行けたことでした。そこには、「私、何をどう進めていくのか、なぜか分かっている!」という驚きがありました。現在もコーディングとテストを同時に進めているのですが、戸惑うことはありません。教育担当として必死に勉強したおかげで、必要になってくる知識はすべて頭の中に入っていたのです。新人以上に、自分の方が鍛えられていたのですね。

Y.Sawayanagi

ものづくりの手応えを強く感じるようになれた今、
揺るぎないビジョンを持って目の前の業務に向かう。

1年目の時は、研修を受けながら学んでいる実感はありましたが、姿勢としては受け身だったような気がします。開発でものづくりの醍醐味を味わいたいと思って入社したのに、そうした満足感は一向に得られませんでした。もしかしたら、就職先を間違ったかなとさえ思ったものです。

それが今や、自分の書いたプログラム通りに画面が表示されることに、確かな手応えと満足感を得られるようになりました。任された研修の講師という仕事を全うできないかもしれないという危機感が、私にIT初心者の壁を乗り越えさせたのは明白です。今後の目標も明確になりました。Javaのエキスパートになって、誰からも頼られる存在になることです。

かつての私は様々なことに興味を持ち、趣味も多彩でした。でも今は、興味の対象は目の前の仕事だけに集中しています。もっとITエンジニアとして成長していける。まだまだ成長の途中段階にいる。それを強く感じながら毎日の仕事を楽しんでいます。

1日の流れ

8:35

出社

8:45

メールチェックとその日のスケジュール確認

主に上司や同僚からの進捗確認のメールチェック。社内行事等の通達も多い。その後、退社する時間までの業務予定を立てる。

9:00

デスクワーク

パソコンに向かいコーディングを開始。集中力が無くなってきたと感じたら、クロネコカフェに行って飲料を購入して小休止する。

11:45

昼食

クロネコカフェで同期とランチ。ほとんどの日は、その日の朝に自分でつくったお弁当。毎週金曜日は外に食べに行くと決めている。その時は和食ランチが多い。

12:45

デスクワーク

午前中の続きに入る。時折お客様からの電話が入り、自分がわかることであれば対応するが、多くは上司や先輩に取り次ぐ。

15:00

打合せ

同じプロジェクトのメンバーと定例ミーティング。開発の進捗状況を報告したり、次のステップの注意点を確認したりする。

16:00

デスクワーク

コーディングの続き。分からないことがあればまずは自分で調べ、その後にプロジェクトリーダーに尋ねる。親切・丁寧に教えてもらえるだけに、気軽に甘えないようにしている。

19:00

退社

スケジュール通りに業務が完了した日には達成感があり、遅れ気味になった日は焦る。