本サイトではより多くの方に快適に利用して頂ける様に、アクセシビリティ面を充分に考慮したコンテンツの提供を心がけております。その一環として、閲覧対象コンテンツの全てにスタイルシートを使用して制作しております。現在閲覧に使用されているブラウザには、当方制作のスタイルシートが適用されておりませんので表示結果が異なりますが、情報そのものをご利用するにあたっては問題はございません。

ICTソリューションでビジネスをトータルサポート|ヤマトシステム開発

文字サイズ
  • 文字サイズ小
  • 文字サイズ標準
  • 文字サイズ大
トップページ > ニュースリリース > 2017年 > ヤマトシステム開発「3Dプリント・配送サービス」を開始
  • 羽田クロノゲート
    羽田クロノゲート
  • 羽田クロノゲート見学コース
    羽田クロノゲート見学コース
  • YS.com
    YamatoSolutions.com
  • YES
  • 通販ならヤマトグループのYES!
  • (Yamato Ec Solutions!)
  • ヤマトストラテジー
  • ヤマトストラテジー
  • 200_70.gif
  • 助成先の復興再生事業について
  • ヤマトグループのCSR
  • ヤマトグループのCSR

ニュースリリース

ヤマトシステム開発「3Dプリント・配送サービス」を開始

2017年1月27日 経営戦略室
ヤマトシステム開発株式会社
平成29年1月27日

ヤマトシステム開発「3Dプリント・配送サービス」を開始

~国内初、羽田クロノゲートに3Dプリンターを設置し、

3Dデータの作成から造形、配送までをワンストップで提供~

 ヤマトホールディングス傘下のヤマトシステム開発株式会社(本社:東京都江東区、代表取締役社長:星野 芳彦、以下YSD)は、ヤマトグループが推進する「バリュー・ネットワーキング」構想の基幹ターミナルである羽田クロノゲートに「3Dプリントセンター」を開設し、全国に張り巡らせたスピード輸送ネットワークに3Dプリント機能を組み合わせた国内初のサービス「3Dプリント・配送サービス」を2月1日に開始します。

  YSDは、オーダーメイドで少量多品種の製造が必要な治療用装具、医学模型市場から本サービスの提供をスタートします。

1.背景

 経済産業省の「新ものづくり研究会」報告書によると、3Dプリンターの市場は2020年に世界で約21.8兆円まで拡大すると予想しています。

http://www.meti.go.jp/committee/kenkyukai/seisan/new_mono/report01.html

 

 海外での3Dプリンターは、航空分野をはじめ自動車産業や製造業、製薬業など多くの業種で利用されており、企画工程と製造工程の場所が異なるシーンにおいて重宝されています。一方、国内事業者は、3Dプリンターを導入したくても、工業用3Dプリンターの価格や、導入後の維持費が高額になることに加え、3Dプリンター造形を行うために必要な3DCADデータ作成の技術者を育成する必要など、多くの課題があるため導入に踏み込みにくい現状がありました。

 

  YSDは、ヤマトグループで培ったICTのノウハウに、最新鋭の3Dプリンター、更にグループのスピード輸送ネットワークを組み合わせることで、「スピード」・「高品質」・「セキュアなデータ管理」を実現するヤマトグループならではのソリューションを提供し、事業者の課題解決に取り組むとともに、今後の市場拡大に貢献していきます。

2.サービス概要

  本サービスは、オーダーメイド製品や少量多品種生産が必要な事業者に、3Dプリンター用のデータ作成から造形、配送までをワンストップで提供するサービスです。

 

(1)回収

3Dプリンター用のデータを取る “型”をヤマトグループが回収に伺い、YSDの3Dプリントセンターに送ります。なお、すでに3Dプリンター用のデータをお持ちの事業者は、データをYSDへ送れば造形を行うことが可能です。

(2)3Dデータ作成

(1)で届いた “型”をYSDの3Dプリントセンターでスキャンし、3Dプリンター用のデータを作成します。

(3)造形

(2)で作成したデータを利用して、3Dプリンターで造形を行います。

(4)配送

出力した造形物を事業者へお届けします。また、必要に応じて、事業者が最終加工した商品を指定の場所へお届けします。

 

  なお、YSDは3Dプリンターで作成した造形物の製造物責任について、製造物責任法に則り、事業者と契約を取り決め、本サービスを提供してまいります。

3.導入メリット

(1)治療用装具(義肢装具)の事例

石膏型を用いた装具製造から、3Dデータを用いる3Dプリントに変更した場合

治療用装具(義肢装具)の事例

  • ①製造時間を大幅に短縮(通常1週間程度が3日程度)することにより、患者様のもとへ約半分の期間でお届けすることができます。
  • ②作成した3Dデータをクラウド上で保管することにより、2回目以降の注文にも利用することができ、製造時間の更なる短縮が可能となります。

 

(2)医学模型の事例

石膏型を用いた海外製造から、3Dデータを用いる国内での3Dプリントに変更した場合

医学模型の事例

  • ①製造時間を大幅に短縮(通常2週間程度が4日程度)することにより、医師のもとへ約1/3の期間でお届けすることができます。
  • ②精密な造形が可能な3Dプリンターを導入するため、製品の高品質化が可能となります。

4.費用

個別でのお見積りとなるため、以下【お問合せ先・事業者の方】までお問合せください。

5.今後の展開

 今後は、治療用装具、医学模型市場だけにとどまらず、オーダーメイドが求められるメーカーの試作品製造などの分野にもサービスを展開します。

 また、ASEANをはじめとした諸外国への展開も視野に入れ、2025年度までに売上100億円を目指します。

以上

 

【お問合せ先】

報道機関の方

ヤマトホールディングス株式会社

広報担当:中田・原

電話番号:03-3248-5822

事業者の方

ヤマトシステム開発株式会社

e-オンデマンドソリューションカンパニー:清水・安木

電話番号:03-6333-0300

  • ページTOPへ
●特設サイト
バナー:ヤマトホールディングス

ヤマトホールディングス株式会社

バナー:ヤマト運輸

ヤマト運輸株式会社

バナー:ヤマトフィナンシャル

ヤマトフィナンシャル株式会社

バナー:ヤマトコンタクトサービス

ヤマトコンタクトサービス株式会社

ヤマトweb ソリューションズ

ヤマトweb ソリューションズ株式会社

音楽宅急便
音楽宅急便
ネコロジー
ネコロジー